EDの原因とバイアグラの薬効を正しく理解しましょう

現在EDと呼ばれている症状は、昔はインポテンツと呼ばれていました。
しかし、世界で初の経口ED治療薬である、バイアグラという医薬品が発売されてからは、インポテンツという呼び名はあまり使われなくなり、EDという呼び名が一般的になっています。
一方、かつてEDは、その原因を精神力の低下などに求められることがありました。
現在でも、EDの原因は一般的にはあまり知られておらず、相変わらず精神力の低下や気合いの足りなさといった抽象的なことが、その原因と考えられることが多いようです。
確かに、EDはストレスなどの精神的なダメージが原因で発症することもあります。
ただ、これは気合いで解決する類いのことではありません。
また、多くの場合、EDは男性器の勃起機能が加齢によって低下することが原因となることがわかっているのです。
バイアグラは、特にこの加齢によって起こるEDの症状改善に有効な医薬品となっています。
男性器の勃起の仕組みと、その仕組みに関連するEDの原因を知れば、バイアグラの効果が理解しやすくなります、男性器が勃起するとき、ペニスの内部ではcGMPという神経伝達物質が大きな働きをしていることを、ご存知でしょうか。
このcGMPはペニスの内部にある平滑筋を弛緩させることによって、ペニスの内部に血液が流れ込みやすくする働きを担っているのです。
このcGMPがあるおかげで、ペニスは硬く勃起することが出来ますし、その状態を維持することが出来ます。
ただ、射精を行った後や、性行為を中断せざるを得ないような出来事が起こった場合は、勃起を素早く収束させる必要があります。
その時に重要な働きをするのが、PDE5という酵素です。
PDE5は、特に射精を行った際に大量に放出されることによって、cGMPを分解して勃起を速やかに収束させます。
私達現代人の祖先である採集狩猟時代の人類は、現代人のように安全な環境でセックスを出来たわけではありません。
ですので、射精を終えた後や、危険を感じた時に、速やかに周囲を警戒出来る体制に戻る必要がありました。
ですので、このPDE5の勃起を収束させる力は重要な意味を持っていたのです。
ただ、勃起を促進させるcGMPは、歳をとるほどに陰茎内の濃度が減少してしまいます。
つまり、歳をとるほどに、勃起を促進させる能力は低下してしまうのです。
しかし、PDE5は歳をとっても減少しません。
これにより、ある程度の年齢の男性のペニス内部では、勃起は起こりにくく、起こっても収束しやすい状態となり、男性はこの状態をEDとして自覚するに至るのです。
バイアグラの主成分であるシルデナフィルは、PDE5の働きを抑制する効果を持っています。
PDE5の働きが抑制されれば、陰茎内のcGMP濃度は高まりやすくなり、EDの症状は改善されます。
これが、バイアグラのED改善効果です。
こうしたことから、加齢によるEDは気合いなどの精神的な問題とは関係なく起こるのだということと、その症状は治療薬によって改善できるのだということが、理解できるでしょう。

勃起力が続く理由は

世界中で作られ、使われているED治療薬は、誰もが使えるレベルにまで浸透しました。
一番メジャーなのは1999年イギリスで作られたバイアグラです。
この薬はもともとED治療薬ではありませんでした。
しかし、臨床試験の過程で、本来の狭心症の治療効果ではなく、ED治療に影響がある点が発見され、そこから勃起力の高まりがわかったそうです。
もちろん、影響は人それぞれに違いますが、だいたいの作用は同じで、服用すると血中の一酸化窒素なる物質が体内で作られるようになります。
これが性器を勃起させる物質の産み、勃起したままの状態を維持できるのです。
一酸化窒素が体内を循環するので、服用した人は顔面や全身の体温上昇、動悸や息切れ、頭痛などが副作用として出てくるのはよく知られています。
ジェネリック薬もたくさん作られ、類似の効果を持つED治療薬が後発でどんどん作られていく過程で、本家のバイアグラは安定した人気を保ち続けました。
今もそれはとどまる所を知らず、全世界で使われています。
その理由はなんといっても安定した勃起力が得られることで、実績があることも大きいでしょう。
利用している人の年齢にあわせ、服用する量を50mgから25mgにする必要はありますが、健康面での影響はさほど大きくはありません。
ただ、心臓疾患系の薬を飲んでいる場合、一酸化窒素の量が著しく増えることになり、血圧が急激に低下するため、併用は絶対に避けなければならないことです。
この薬が血流を著しく活性化させ、それによって勃起力を保ち続けるものである以上、その影響力の強さをしっかりと認識して服用する必要があります。
専門的な知識についてはネットの各サイトや、医療機関などで聞くのが一番でしょう。
なんといってもメジャーな薬ですから、そんなに気合を入れて調べなくても、お釣りが来るくらい知識が手に入るはずです。
値段はかなり高く、一錠あたりで考えると軽く市販の薬の何倍もある特別な薬です。
実用的な面はありますが、ここぞという時以外は、なるべく使わないほうがいいでしょう。
また、食事の影響を受けやすいことでも知られており、バイアグラの血中濃度が著しく低下するため、服用にあたっては食事は抜くか、服用よりかなり前に食事をとっておくのが賢明です。
勃起不全で完全に勃起しない状態の人を治療する目的で使われているこの薬は、その影響が随所で出ています。
ネットでもこの薬の研究や宣伝だけを行うサイトがあったり、類似品の販売、ジェネリック薬の紹介など、かなりメジャーな薬として取り上げられているのです。
すでに販売から20年以上たった現在も、この薬は世界各国で使われ続けています。
それだけこれは信頼に値するED治療薬であり、利用するだけの価値があるのです。
実用化に至った過程などもネットでは詳しく見ることができますので、興味のある人は調べてみるといいでしょう。
それを見ると、この薬がいかに多くの人にとって救いになっているかがわかります。

少しバイアグラが高く感じる時にはジェネリック医薬品で解決

勃起不全で悩んでいたものの、バイアグラを服用して元気なペニスに感動したという男性もいる事でしょう。
しかし健康保険なども適用にならないので、少し値段が高いという弱点があります。
性生活も本当にたまに行うだけ・・・という方なら気にならないかもしれませんが、彼女など特定の女性がいる場合には金銭面の事も気になってくるのではないでしょうか?実はED治療薬というのはバイアグラがすべてではなく、その他にもED治療薬というものがあります。
その中でも効果などの出方が少しずつ変わってくるものもありますし、ジェネリック医薬品と呼ばれるED治療薬であれば思っているよりも安い価格で購入をする事もできてしまうのです。
本当に安いものであればバイアグラの10分の1の価格で購入する事ができ、かなりリーズナブルな価格で手に入れる事ができます。
生活をしていると他にお金がかかるところもあるので、ED治療薬ばかりにお金をかけていられないという男性も多いでしょう。
こういったジェネリック医薬品を活用する事でお得に購入ができ、楽しい時間を女性と一緒に送る事ができます。
そこでこういったジェネリック医薬品を手に入れたい時には、インターネットの海外医薬品輸入代行サービスを利用しましょう。
インターネットから購入する時には怪しいサイトに引っかからないか不安に感じている方もいるかもしれませんが、そういったサイトではなく正規品の安心できる医薬品しか販売していないサイトもあります。
しっかりと正規品だという事が分からない医薬品は自宅に送ってくる事もないですし、正規品だという事を証明してくれるお店もありますので安心して活用をしましょう。
実はED治療薬のジェネリック医薬品というのはインドで作られているものが多いので、海外医薬品代行輸入サイトで探すと効率良く見つける事ができます。
インドの中でも有名で信頼のある製薬会社から輸入を行っているので、そういった意味でも不安になる事なく手に入れる事が可能です。
最近では日本の製薬会社からもバイアグラのジェネリック医薬品が出ていて、発売決定しているものもあります。
その為今まで取扱をしていなかったクリニックや病院でも、リーズナブルで同じ効果を期待する事ができるED治療薬のジェネリック医薬品を手に入れる事が可能になってきます。
海外の医薬品でもいいけれどやっぱり国内生産されているものがいい・・・と考えている方はこちらのED治療薬を購入してみてはいかがでしょうか?そして特に初めてバイアグラなどのED治療薬を利用する前には、自己判断で行うのは避けましょう。
まずは医師などから説明を受けるか、インターネットで購入する時にも薬剤師がいるお店がありますのでそこで質問などを行ってから服用するようにする事が大切です。
間違った飲み方をたまたましてしまった場合でも、それが禁忌事項に触れ大変になってしまう事もあるのです。
しっかりと用法を守り、気になる部分はしっかりと相談をしておきましょう。

コスト面が気になる方にお買い得なバイアグラジェネリックのカベルタ

ED治療薬を比較する上で重要になって来るのが価格面です。
一見どれも似たような製品に見えるED治療薬ですが、その作用や持久力、発現までの待機時間には違いが見られます。
そして何と言ってもコスト面に大きな差が存在します。
治療薬の分野で圧倒的な支持を集める三大商品があります。
レビトラやシアリス、そしてバイアグラの三商品ですが、いずれも価格面がネックです。
どれも基本的に一日1錠の服用で良いので、医薬品としては大変リーズナブルでしょう。

vv83しかし1錠あたりの単価が平均で1500円から1600円になっています。
性行為の満足度はお金では計れませんが、一夜に1500円以上コストが発生してしまうと、気分よくベッド・イン出来ません。
ひと月に使えるお小遣いに制限がある旦那様だと、実質的にシアリスやレビトラ、バイアグラといった商品が使えなくなるでしょう。
三大治療薬は極めて優れたお薬ですが、維持費の面で課題を抱えています。
その一方で現在、注目を集めているのが、そのジェネリック薬になります。
ジェネリック薬は素晴らしいメリットを持った商品です。

基本的に先発薬と同じ働きを持っていて、主成分と効果に違いはありません。
それに価格面が大変リーズナブルで、バイアグラジェネリックの場合だと、1錠あたりの単価が、300円前後になります。
それを提供する個人輸入代行サービスによっては単価が150円から130円まで、最大で下がるケースもあります。
毎回の性行為時に利用しても、その程度のコストならば負担を感じません。
充実したナイトライフを、ひと月に複数回楽しみたいカップルは、シアリスやバイアグラよりもカベルタといったジェネリック薬の方が適しています。
バイアグラジェネリックとしてカベルタは、豊富な実績と評価を持っています。
先発薬同様に服用してから1時間以内で、その効用が身体に現れます。
目安としては30分から40分が、平均的な待ち時間になります。

服用後は安静を保ち、PC作業や乗り物の運転・利用は控えましょう。
特にカベルタは即効性が強い治療薬、若い方々だと効き目がすぐに生じます。
素早く性行為に移れるように、シャワーやお風呂は事前に済ませておきましょう。
お薬を胃に届けてから30分から4時間の間に、性的な接触、刺激が加わる事で勃起支援のスイッチが入ります。

単純に待機しているだけでは効果は出ないので、恋人とのスキンシップが不可欠です。
通常カベルタは飲み込んでから、30分程度で消化吸収されます。
慌てる必要はありませんが、ナイトライフをたくさん味わいたいカップルは、時計を見て30分以上経過した後、素早くベッドに入りましょう。
下半身に嬉しい反応があり次第、避妊具を装着し挿入すれば完璧です。
カベルタによってパワフルなペニスになっていれば、安心して腰を前後に動かせます。

途中でヘナヘナと萎える心配がないので、医薬品の作用時間である4時間から6時間を効率的に活用できます。

バイアグラの正しい知識

バイアグラは気になるけど、どうしても抵抗がある、使用するのはどうも迷っている、という方も多いのではないでしょうか。
そんなときに役立つのがこのサイトです⇒バイアグラの通販・効果など
まずはバイアグラの事を知る事から始めてみませんか。
バイアグラを安全に個人輸入したいという方や、もっと詳しく知りたいという方もこちらのサイトをお勧めします。

値段と買い方の関係

一錠1500円くらいの薬はとても高いと思うでしょう。
これは、薬局で普通に売っている風邪薬などと比較しているからです。
ED治療薬のバイアグラは、正規の値段で買うとこれくらいします。
1999年に医療機関に販売されるようになったこの薬は、イギリスで研究、開発された、世界で最初のED治療薬です。
アメリカなどでは1990年代から民間レベルで流通していましたが、日本でも個人輸入代行業者を通じて大量に輸入されました。
しかし、当時から心臓疾患のある患者が使う硝酸剤などとの併用の危険性が指摘されており、アダルトグッズ販売店などで購入する程度の知名度しか持たなかったのです。
正式にクリニックで処方されるようになり、ED治療薬としての社会的地位も得たこの薬は、非常に信頼性の高い薬として知られるようになりました。
医師の診断に基づいて処方される場合は、患者がいかなる既往症を持っているか、どんな薬を飲んでいるかが徹底的に調べられます。
その結果、EDは認められるものの、適切でないと判断された場合、医師の判断で処方しないケースもあるのです。
それくらいこの薬は劇薬であり、体に作用する影響力が強いもので、併用すると命に関わる薬もあります。
どうしてこれほど影響が強いのでしょう。
その答えはシルデナフィルの体内に入ってからのメカニズムにありました。
シルデナフィルが経口摂取されると、ほぼ一時間程度で血液中に入り、血中濃度が高まります。
すると、動脈血が男性器に流れ、陰茎の神経に作用する一酸化窒素が作られるのです。
これが特定の酵素を活性化し、サイクリックグアノシン1リン酸を生成します。
この物質が性器の血管の筋肉を弛緩させるのです。
結果的に性器の血流量が増加し、勃起が生じます。
バイアグラによってほぼ強制的に勃起状態になれば、ED患者も正常な性行為ができます。
ただ、精液は増加しませんから注意が必要です。
この薬には時間制限があり、副作用も同時間中は続きます。
代表的な副作用は火照りや息切れ、動悸などで、これらはたいていすぐに治まるものです。
医師の診断が必要なのは、こうした副作用でも重大な影響を体に及ぼすことがあるからで、くれぐれも一日一錠以上飲まないようにしましょう。
最後に値段についての補足ですが、バイアグラは一錠が1500円程度の高価な薬です。
この薬を安く買う買い方がネット上ではかなり紹介されていますが、個人輸入代行業者のサイトで買うのが一番安く正規品が手に入るでしょう。
より安全性を求めるならクリニックでの処方が一番ですが、保険がきかないので値段は高いままです。
中には半額以下で正規品が手に入るとうたっている業者もありますが、たいていまがいものや偽物なので、きちんと信頼できる代行業者から買いましょう。
今はネットで業者の情報は簡単に検索できます。
自己責任の原則がそのままあてはまるこの薬の買い方については、自分なりに研究し、最善の策を見つけるべきです。

バイアグラを使用した体験談

50歳を超えてくるとなかなか女性と接する機会が少なくなります。
若いころは女性とのセックスのことばかり考えていたのに歳をとると肉体的にも精神的にもセックスが面倒くさくなるのです。
しかし、若い女性と一緒にいると心がときめきますし、気持ちが若返ってくるような気がしてアンチエイジングにも良いと言うことは間違いありません。
先日ひょんなきっかけで若い女性と交際が始まりました。
いい仲になってベッドインまで持ち込んだのですが、久々のセックスで緊張したためか、肝心の局部が十分勃起してくれないのです。
8~10年ぶりのセックスで焦りがあったのかもしれませんが、自分の男性機能がすっかり衰えているのにショックを受けました。
いろいろ思い悩んだ末に泌尿器科の門を叩きました。
病院の先生の診断では加齢によるEDということ、前立腺も肥大気味でしたが、これも加齢によるものです。
早速バイアグラを処方してもらいました。
バイアグラは世界で最も有名なED治療薬の一つでファイザー製薬が製造販売しているものです。
もともとは違う目的で開発されていたものですが、薬の被験者がEDの症状の改善に効くから実験が終わっても薬を返したがらなかったというエピソードがあり、夢のED治療薬として販売されたものです。
病院の先生からは、空腹時にセックスの40分程度前に服用すること、お酒は飲まないこと、媚薬ではないので性的刺激が加わらなければ勃起しないことなどの説明を受けました。
先生自身は服用したことがないので効いたかどうか結果を教えて欲しいとのことでした。
結論として体の火照りは出たものの効果は抜群でした。
40分程度前にのむというのは守れなくてセックスの直前でのんだのですが全然問題ありません。
挿入までに時間をかけていたら40分くらいはすぐに経過してしまいます。
しかし、問題点が二つあります。
一つはバイアグラの値段です。
泌尿器科で処方してもらうと一錠3000円かかります。
これは経済的にかなりの出費です。
もう一つは薬を処方してもらうのに泌尿器科に通わなければならないことです。
高額でまとめ買いできないのでセックスの予定が入るたびに泌尿器科に行くのは恥ずかしい上に時間的にも苦しいです。
いろいろ調べた結果薬の個人輸入代行サイトを活用することが良いと分かりました。
バイアグラは人気商品で偽物が出回っていると聞いたのですが、口コミなどで調べて安心な業者を選べば問題ありません。
厚生労働省のサイトなどで怪しい薬の情報は公開されていますのでそれをチェックするのも良いでしょう。
私の利用した個人輸入代行サイトは、ネットでの評判も大変良く安全安心に使用することができました。
純正品のバイアグラを迅速に郵送してくれた上に、値段も格安です。
大幅なコストダウンが図れた上に、自宅に居ながらにして薬を入手できて満足しています。
まとめ買いができたので、急なセックスの予定が入っても十分対応できるのが嬉しいです。

迷ったら安いカベルタに決めましょう

「商品比較で迷っているなら、とりあえず安い製品を買いましょう」という助言があります。
自動車やゲーミングパソコン等、一部に例外があるものの、そのアドバイスは正しいです。
自分自身の中で長時間迷うという事は、比較対象の商品は同じレベルなのでしょう。

入手するED治療薬に関して迷っている方々も、そのアドバイスで品物を選べばOKです。
先発薬であるバイアグラも高評価な製品ですが、そのジェネリック薬も高い実力を持っています。
とりあえず安い方から試していき、それで治療薬の雰囲気を観察すれば良いのです。
ジェネリック薬カベルタなら、価格帯も安いためお試し気分で使えます。

試験的に安価な製品を使い、ED治療薬の使い方を学びましょう。
イキナリ高価な製品に挑戦すると、コスト面が気になり、なかなか日常的に使えません。
カベルタは1錠あたりが、およそ150円から350円程度です。
バイアグラやシアリスに対して圧倒的に安価になっています。

そういった先発薬は1錠あたりが1500円から2000円程度掛かりますので、初めてED治療薬にチャレンジする方々は、お手軽なカベルタなどを優先しましょう。
勃起を支える治療薬は正しい方法で服用しなければいけません。
サプリメントに似た外観ですが、作用や注意点は別物です。
基本的にバイアグラ系統のお薬は、食前に飲みましょう。

胃の中に食べ物が残っていると、お薬の効果が正しく生じません。
利用する当日は、カロリー摂取に気をつけたいところです。
脂分が多い食事は要注意、ステーキや餃子、ラーメンに天ぷらなど、高カロリーなメニューは出来る限り回避しましょう。
またED治療薬は全体的にアルコール成分に弱い面もあります。

服用する夜は晩酌を控え、お茶やノンアルコール飲料を飲みましょう。
いくつかの注意点があるものの、いわゆる空腹を感じる食前に服用しておけば、カベルタの効果は難なく身体に作用します。
とにかく食後に飲んでしまわないよう、気をつければ良いだけです。
バイアグラジェネリックの具体的な効果は、服用後30分から45分で働きます。

最長でも60分、確実に1時間以内に勃起の用意が出来る、と言われています。
本家バイアグラに比べて、ややカベルタの方が待機に時間が掛かる、という指摘もあります。
その点はジェネリック薬によくある話なので、事前に時差の存在をよく理解しておけば大丈夫でしょう。
数値的に見ると、バイアグラよりも30分程度、待ち時間が長くなっています。
焦る必要はありませんが、性行為を始める90分頃前に服用を終えれば良いでしょう。

どうしても製法が本家とジェネリック薬は異なるので、いくつかの違いが見られます。
とは言っても、お薬の主成分に違いはないため、ほとんどバイアグラ感覚が使えます。
バイアグラジェネリックには高い即効性が備わっています。
さらに持続力も比較的長く、最長で6時間保てます。

平均でも5時間程度、男性機能が高められます。

長く買い続けるのであれば、断然、価格の安いカベルタがお得

世の中、何でも簡略化される傾向があるようです。
たとえば、秋葉原で誕生した人気アイドルグループも、頭文字だけを羅列したグループ名になっていますし、一時期は空気の読めない人をKYと呼んでいました。
確かにこうした簡略化はとても便利ですし、話しやすいと言えるでしょう。
でも、なかなか分からないものも中にはあります。
最近ではもっぱらEDという言葉を耳にしますが、EDとは勃起障害、あるいは勃起不全などと言われています。

しかし、EDだからと言って、まったく勃起しないわけではありません。
セックス自体はできます。
男性特有の朝立ちやマスターベーションは普通にできるのです。
ではどこでEDの症状を判断をするのかと言いますと、たとえば勃起するまでに少し時間がかかるとか、その勃起の持続時間が並以上に短いとか、またセックス最中にペニスが萎えてしまうとか、そういう症状が認められたときです。
この場合はちょっと疑ってみた方がいいでしょう。
この症状は、長い年月のうちに少しずつ現われてくるものですから、気付かない場合も多いのです。

しかし、実際の話、自分がEDなのではないかと思ったとき、専門医に相談するのは恥ずかしいと思っている男性は少なくありません。
ここには勇気が必要なのです。
しかし、別の考え方もあります。
それはED治療薬で症状を克服するという方法です。
今現在、世の中にはED治療薬はたくさん存在しています。
中でも世界的に人気のあるものもありますから、これを上手に使っていくのも一つの手ではないでしょうか。

バイアグラはアメリカで発売されたED治療薬です。
飲むだけで物凄い勃起力が得られるということで、今や世界各国で爆発的な人気を集めています。
このバイアグラの主成分はクエン酸シルデナフィルというもので、これには血流を維持する作用があります。
勃起の状態と言うのは、性的興奮で血流を促進させることで起こるのですが、クエン酸シルデナフィルという成分は、その作用を維持する効果が期待できるわけです。
ED治療薬としての効果は素晴らしいものがあります。
ED治療に優れたバイアグラですが、これを使用するにはかなりお金も必要です。
EDの治療というのは、けっこう長い時間がかかりますから、その都度、高いお金を出してバイアグラを買う必要があります。
なかなか無駄遣いのできない昨今ですから、ここはなるべく節約したいものです。

そこで注目されるようになったのが、インド製ジェネリックED治療薬というものなのです。
バイアグラのインド製ジェネリック医薬品の中で、もっとも有名で人気のあるものはカベルタです。
ジェネリック医薬品というものはすべてそうなのですが、このカベルタも有効成分がバイアグラと同じシルデナフィルというものです。

ですから効果効能はバイアグラとほとんど同じというわけです。
期待できる効果が同じでも、価格が安いところがジェネリックの大きなメリットであり、魅力です。
長く買い続けるのであれば、断然、価格の安い方がお得ですから。

一夜に複数回楽しみたいなら、治療薬カベルタで

性行為に関心を持つのは男性ばかりではありません。
意外とナイトライフに積極的な女性は世間に多くいらっしゃいます。
あくまで口や態度に出さないだけで、性行為に興味津々な若い女性は珍しくありません。
オトコの場合、性行為は一夜に1回から2回程度出来れば十分満足出来ます。
しかし積極的な女性の中には、最低でも2回以上プレイを楽しみたい、と話す方々がいます。
男性に比べて女性はスローペースな行為で満足します。
回数を確実に増やしたいなら、男性側にある程度のパワーが必要になってきます。
男性機能の衰えや少なさを自覚されている方々は、何らかの対策案が要るでしょう。
月並みですが強力な海外製医薬品に支援を要請するのも、良いアイデアです。
今では欧米製のED治療薬からインド製のジェネリック薬まで、幅広いお薬が気軽に入手出来ます。
そのどちらも主に個人輸入代行HPから入手するのが便利です。
男性機能を効果的に高め、一夜に2回以上性行為を満喫したい方々は、そういったナイトライフ関連の商品を取り寄せておきましょう。
個人輸入代行HPは手軽に使えるサービスになります。
難しい手続きは特に必要無く、ネット検索やネットショッピングの経験豊富な方々なら、すぐにその仕組みを把握出来るでしょう。
またお薬の取り寄せに関して、処方箋や診断書は必要ありません。
面倒な必要書類の提出が求められないため、思い立ったらすぐにアクションに移れます。
ただし、個人輸入代行HPはその名前の通り、あくまで個人的な利用に限ります。
そのため一度に大量のオーダーを出す事は出来ません。
原則として1ヶ月分の取り寄せという限度が設定されています。
バイアグラやそのジェネリック薬であるカベルタで考えると、ひと月分は約30錠以下になるでしょう。
治療薬は4の倍になっている事も多く、実際の数としては20錠から28錠位が、実質的な目安です。
ED治療薬は既存の市販薬と違い、一夜に1錠飲めば十分効き目が現れます。
とりあえずひと月分の量があれば、まずナイトライフに困る要素はありません。
その限度内でまとめ買いしておけば、ただでさえお得なカベルタが、更にお買い得になるでしょう。
バイアグラではなくカベルタを最初から利用するユーザーも珍しくありません。
同等の効果がおよそ5分の1程度の価格で得られるからです。
カベルタに含まれる主成分・効果はオリジナルであるバイアグラと同等になります。
本家と同じように素早い効き目があり、服用後30分から40分で作用が現れます。
持続力にも大差なく、通常だと4時間から5時間程度、勃起力が保てます。
性行為を始める50分から60分前にカベルタ1錠を服用すれば、オトコとしての威厳・プライドを素早く回復出来ます。
お薬のピークは割りと早めに訪れます。
最初だけは少し急ぎ気味にプレイを始めましょう。
効き目が良い方々だと1回で5時間から6時間程度、勃起が支援されますので、早めにプレイを始め、回数をドンドン稼いでいくのがオススメです。